読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すーさんの暇つぶし

のらりくらりと日々の出来事を綴ります。

フランス旅行(1日目)①フランス入国

日本の羽田国際空港を出発し、約13時間かけてフランスのパリ=シャルル・ド・ゴール空港に到着!

時差は8時間もあります。着いたのはフランス時刻の16時半頃。

f:id:suusan26:20170324153043j:plain

 

むくんだ足を引きずって、人に流されるまま『immigration(入国審査)』と表示されている場所へ進むと、通路が「EU諸国」と「EU諸国以外」の2つに分かれています。

日本人なので、当然「EU諸国以外」のところへ並びます。

 

英語が通じるとはいえ、外国語全般が苦手な私にとって、入国審査が最初の難関!

会話帳とパスポートを片手に緊張しつつ審査官の前に立つと、

「コンニチハ(^-^*)!」と、

笑顔のお兄さんがまさかの日本語で挨拶してくれました。

「こ、こんにちは!」と動揺しつつパスポート差し出せば、ササッと中身を確認し、「アリガトウ!」とすぐに返されて終わりました。

審査官にもよるそうですが、私の場合は拍子抜けするほどあっさりと通れました。

 

続いて探すのは『Baggage(受託荷物受取)』と表示されている看板。

自分が乗って来た便名と出発地が表示されているターンテーブルを探し、日本と同じように荷物を受け取ります。

その後、フランス語で『Sortie(出口)』または英語で『Exit』と書かれた表示に従えば、到着ロビーへ出られます。

 

ここで注意して欲しいのは、矢印の方向です。

日本では『↑』と書かれていたら直進しますよね?フランスでは逆でした。

『↑』だと後ろや逆方向を意味するので、回れ右。

『↓』直進。

というのがわからず、私はドーナツ状の空港を一周しました( ̄ー ̄;

 

空港からパリ市内までは車で約一時間。

車での移動の際、パリ市内に入るまでは手荷物は足元に置いておくように言われます。

信号待ちなどで減速した車にバイクで近付き、窓ガラスを割って膝の上の荷物を盗るという旅行者を狙った強盗が多発しているんだそうです( ̄□ ̄lll)